募集要項
卒園児保護者様の声
未就園児向け教室
課外教室
学校法人小泉学園
東京いずみ幼稚園
東京都足立区佐野1-20-10
TEL:03(3605)3341
FAX:03(3605)6459
保護者参観にご参加頂いた平成15年度卒園児の保護者の皆様に参観のご感想と、卒園を迎えお子様の成長と幼稚園に関するご意見・ご要望をお伺い致しました。 下記のPDFデータは原本を掲載しています。是非生の声をご覧下さい。
平成15年度卒園児保護者参観アンケート (オリジナルデータ)
年少組 3才児
入園当初、毎朝泣きながら登園していた子が日に日に笑顔で帰り、「今日はこんな歌を歌った!」「先生に上手だねと言われた!」などと園生活を少しずつ話してくれる姿を見て、日々成長する事によく驚かされました。お友達も自分で作り、最初恥ずかしがって話せなかった先生にも自分から話すようになったと聞き、頼もしく思いました。自分の思い通りにならないとすぐ怒り、手が出ていた子が園に入り我慢する事を学び、他人の気持ちがわかる優しい気持ちが養われたと思います。歌留多や漢字絵本なども、三才の子にこんな難しいのが出来るのかと少し疑いを持っていたのですが、子供の能力のすごさに本当に驚きました。まだまだ甘えたりすねたり癇癪を起こしたりと幼い部分が多いのですが、その子なりの成長を見守り、私も共に成長したいと思います。一年間本当にありがとうございました。今後も親子共々ご指導をお願い致します。

年少組 3才児
一年間とにかく幼稚園が楽しくて、行きたくないとぐずることなど一度もありませんでした。先生のことも大好きで、仲良しの友達も出来、団体の中で活動する楽しさが常にあったのだと思います。規則正しい生活が身につき、今までは食事の好き嫌いが激しく小食だったのが、出されたものはなるべく全部たべれるよう心掛けているようだし、お手伝いを積極的にやるようになったり、本当に逞しくなったと思います。ただ集中力に欠ける点が、いろいろな行事を通してたびたび見受けられ、今までの家庭生活で行き届かなかったところが現れているんだなぁと反省させられます。今までの作品も、時間を追ってみるととても上手になってきていて、最近では文字を読んだり、書いたりもするようになり、友達と刺激しあいながら、学習面でも良い所を伸ばしていけるようにしたいと思います。本当に園と先生方に感謝しています。今後とも宜しくお願いします。

年少組 3才児
子供の顔つきが変わったと、最近何人かの人から言われました。そう思って一年前を振り返ってみると、ずいぶんと子供がしっかりしたような気がします。クラス全体の印象も変わりました。5月の参観では泣いている子が数名いたりして、なかなか落ち着かない様子でしたが、今回の参観では、皆姿勢がよく頭声発音を身に付けたのだと思います。これは家では絶対出来ないものだと思います。また、日々の活動を通しても、ずいぶんいろいろなことを覚えたと思います。字を読んだり書いたり、漢字にずいぶん興味を持つようになりました。知っている漢字を見つけると「これは○○という漢字だよね」と嬉しそうに教えてくれます。他にもたくさんありますが、何よりよかったと思うのは、子供が「稚園大好き!」といって毎日元気に通ってくれることです。楽しみながらいろいろなことを学んでくれて、いずみ幼稚園を選んで本当に良かったなと思いました。また、年中さんでの一年間でどんな成長を見せてくれるか楽しみです。

年少組 3才児
他の園の方から、いずみ幼稚園は厳しくて、子供が可哀想だという声を耳にしますが、団体で生活するからこそ厳しさが大切であって、子供達自身は何の苦もなく、毎日幼稚園に通っている姿を見て、幼稚園選びは間違いではなかったと実感しています。漢字など、こんな小さい子が読めるのだろうかと思いながら、入園前に道具に記名していたのですが、今では漢字絵本を読んで聞かせてくれるまでになりました。小さいからこそ、楽しんで何でも吸収してしまうのだなと、毎日驚きながら聞いています。本当に、先生方の日頃のご指導に感謝しております。これからの成長が楽しみです。1年間ご指導頂いた先生本当にありがとうございました。

年少組 3才児
始めの頃は言葉も上手に話せず、鋏もろくに使えなかった我が子が、最近は文字も読めるようになり、工作も好んで取り組むようになったのも、幼稚園で学んだ成果だと思っています。ピアニーが上手になりたいからピアノを習いたいと言ったり、ひらがなドリルを買って欲しいと言ったり、自分から進んで学びたいという意欲も出てきて、大変驚いています。これも先生方が優しく子供に接していただき、温かく見守って下さったお蔭だと感謝しています。これからも彼のいい所を伸ばしてあげたいと思います。何より担任の先生が、とても愛情をもって接して下さり、子供は前向きになり、先生が大好きです。先生には本当に感謝しています。一年間ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。
追伸・・・「子育て奮闘記」を読んで、園長先生と奥様がお子様達へ深い愛情を持っていらっしゃることに感動しました。私達夫婦も参考にさせていただこうと思います。(全部はできないと思いますが・・・)

年中組 4才児
入園した頃は、正座するだけで大変という感じでしたが、今では姿勢正しく、しっかりした姿を見るとすばらしいなと思いました。一言もおしゃべりをせず、先生の指揮やお話に耳を傾けている子供達の目はとても真剣です。小さいから無理ということは全くなく、むしろこの時期だからこそ毎日の積み重ねでものすごく成長するのだなと今更ながら感心いたしました。本の読み聞かせなど毎日欠かさずとはいきませんがでしたが出来るだけたくさんの本を読んで聞かせてきました。このまま心も豊かになり、本も大好きになって欲しいと願っております。ピアノの音あても姉と二人で「この音は?この和音は?」と出し合い、知らないうちにほとんどの音を聞き分けているのを見て、自分の子供ながら「すばらしいね。」と褒めまくってしまう一年でした。子供がどんどん成長する姿を見て、私自身も子供の見本となるよう、これからも言葉遣いや、きちんとした生活をしなくてはと強くおもいました。

年中組 4才児
キンダークラブも含めて3年間が過ぎようとしています。年少の頃は朝の支度も時間がかかってしまいましたが、少しずつ自分の力で出来るようになりました。園での生活も自分自身よくわからないうちに毎日が過ぎていたと思います。節分の時鬼が怖いと言っていましたが、先生に「心の鬼は豆でやっつけたから大丈夫」と言って頂いてから、精神的に強くなったように思います。読書の大切さ、姿勢を正すなどが理解できるようになりました。音楽に興味を持ち、家でもピアノを弾いたり歌ったりしています。音楽発表会の時のプロの演奏はとてもすばらしく、いつもとても楽しみです。(私自身は去年のチェロの方がすばらしかったです)そのCDを買って家でも聴かせています。家にいる時は静かに本を読んだり、パズルをしたり、お絵かきなどをしています。公共の場でも騒ぐことなく待つことが出来るなどとても大切なことを学んでいると思います。いずみに小学校があれば通わせたいです。

年中組 4才児
2年間、いずみ幼稚園に通い、一番子供が変わった所は、何に対しても意欲的になり、頑張り抜くという子供になりました。それも自分から、そして楽しみながらです。カルタもピアニーも体育もプールも給食も全てが好きになり、目標を持って頑張っています。いつの間にか、縄跳びも80回以上続けて飛べる様になっていました。本人のやる気です。その様な子供の成長を目にし、親としても嬉しく思います。これも園長先生をはじめ先生方のおかげだと思います。ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

年長組5才児
この3年間で、とても逞しくなったとお思います。苦手な事にも取り組んでいく姿勢も出来てきたし、年少のころから比べ、沢山出来ることが増え、自信につながっているようです。また、集団で協力して行う楽しさや、喜びを共に分かち合う満足感・充実感は、行事ごとに子供の顔を見ていて感じられました。親だけでみていたら、もっと赤ちゃん扱いをしていたと思いますし、こんなに沢山の素晴らしい経験を、持たせることが出来なかったと思うと、感謝の気持ちで一杯です。親子共々卒園を前にして名残惜しい気持ちで一杯ですが、“いずみ”での素晴らしい思い出を胸に、これからも親子力を合わせ努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。

年長組5才児
3年間いずみ幼稚園では、沢山の事を学ばせて頂きました。まず驚かされた事は、きちんとした挨拶に始まり、整列のまま私語もなく園長先生のお話を聞く姿勢。そして、漢字・歌留多の指導のお蔭で、今では漢字入りの本をスラスラと読み、日記や手紙も漢字入りで書いており、よく知人に褒められます。また、MS指導のお蔭では、一度聞いた曲をピアノで弾くことも出来るようになりました。やっと6歳になった我が子が、このように沢山の事が出来るようになったのは、いずみ幼稚園での3年間の賜物だと思います。2年後、下の子もぜひお願いさせて頂きたいです。

年長組5才児
入園前、おっとりしていて欲がなく、積極的とはとても言えなかった娘ですが、いずみ幼稚園で精神力、集中力、そして何より何かをやり遂げた時の達成感を学び、今では自分に自信を持ち、意志をはっきりと言える子供になりました。行事の多さや学ぶ事の多さに、「子供にはきついのではないか」と考えたことも何度かありました。でも、子供は大人が考える以上に吸収してこなしていき、楽しんでいました。あっという間の3年間、本当にありがとうございました。(引越ししてしまう為弟をいずみ幼稚園に入園させる事ができず心残りと共に引越し先でいずみ幼稚園のような園に出会えるかとても不安です。)

年長組5才児
この3年間で、社会への第一歩を学んだと思います。数多くの教育を他園と比べ様もない程受けることが出来ましたが、実はそれよりも「聞く、話す、指示に従う」という基本を教えて頂いたと思っています。また、季節毎の行事、特に音楽発表会では、一生に一度としてあの大きな舞台に立てない人もいるだろう中で、素晴らしい歌を奏でる達成感を学ぶことができ、大きな財産となると思います。思い返しますと、園の教育は、いつでも「本物」を教えて下さった様に思います。音楽、体育、行事全て子供だましではなく大人と同じ世界のレベルの高い物でした。

年長組5才児
本日の参観の様子を見ていて、本当に大きく成長したことを大変嬉しく思い、またここまでご指導くださった先生方に心から感謝致しました。入園当初は、何をするにも泣いてばかりで、やっていけるか心配でしたが、今となっては、いずみ幼稚園を選んで本当によかった。私から子供への大きな贈り物になったと実感しております。自分の子供は何が好きで、何が得意なのか・・・幼稚園で行う様々な活動の中で、意外な一面が見出せたり、苦手な事も最後まで頑張りやり通す事を学んだり、家庭の中だけでは決して(絶対に)学べないものに沢山触れることが出来、そこから新たな子供の可能性の一歩が始まった事で、私自身も今後の子育ての方向性を見つけやすくなりました。この三年間で子供が学んだ(身に付けた)事で一番驚いたのは、「絶対音感」です。園長先生が、「卒園までにはほとんど身につく」とおっしゃっていましたが、時々ふっと耳にする音を「これファの音だ」という我が子を見ると、本当に私の子かと思ってしまうくらいです。また他の活動も、子供に大きな自信と楽しさを教えてくれました。挨拶や、先生(人)の話を聞く姿勢など、家での躾と同様にご指導下さった点、それが身についた事、本当に感謝致します。ありがとうございました。追伸・・・園長先生がいつもお話される“褒め育て”という言葉を、いつも心にとめているよう心がけているつもりですが、なかなか行動に移せず自己嫌悪に陥っております今後も努力していこうと思います。

年長組5才児
日々の各々の活動により、音楽の楽しさやすばらしさ、本を読む楽しさ、体を動かすことの楽しさを学んでいったと思います。また、節目の行事では、集団で何かをする事のすばらしさ、時には難しいように思われる(例えば組体操など)事にもがんばって挑戦する意欲、それをやり遂げた時の達成感を存分に味わうことができたと思います。3年間の教育でとても情緒豊かな子供に成長してくれました。私自身、初めての子供で入園当初は不安や戸惑いもありましたが、この3年間は私にとってもいろいろと勉強になる3年間となりました。本当に日々の積み重ねが大事だという事を身を持って知らされる事となりました。
まさに「継続は力なり」だと実感しております。いずみ幼稚園とご縁がありました事を深く感謝しております。ありがとうございました。

年長組5才児
褒められて嬉しくて、また頑張る。そんな連続の日々だった園生活において、娘は「学ぶことの楽しさ」を「知らないことを知ることの嬉しさ」を様々な行事を通して、学ばせて頂きました。また母として様々なことに好奇心を持ち、自ら学ぼうとする子へと娘が成長していく姿は、時にまぶしく、私自身も娘に背中を押されつつ、共に学んだ3年間でした。今後は、いずみ幼稚園で学んだ「Yes、I can.」の精神で頑張っていきたいと思っております。いずみ幼稚園で幼児期を過ごせたことは子供にとって一生の宝物です。

年長組5才児
学ぶことの楽しさ、MSをやってきたことで大きなステージに立つこともできましたし、3年間の成長は本当に素晴らしいことだと思います。入園するまえ、いくつかの幼稚園を見学に行きましたが、いずみ幼稚園は厳しいという風に周りの方から聞いていました。しかし実際に見学に来て、園児の様子や園長先生の幼児教育に対する考えを聞きまして、娘を通わせる事に決めたのが、つい先日のような気がします。3年間という日々は、振り返ると園生活の色々な行事(これで本当に終わりなどと思うと淋しい気もしますが・・・)で、子供の成長を見ていますと、いずみ幼稚園へ入園させて本当に良かったと思っています。

年長組5才児
稚園生活も残り一週間となった今、改めて月日の経つ早さに驚いています。一人目の子供の卒園ということもあり、感慨深いものを感じています。3学期に入りましてから、ヴォーカルコンテストをはじめ、音楽発表会やマラソン大会、カルタ取り大会など園生活の集大成ともいえる行事が続いており、子供にとりましても充実した日々を送っておりました。思えば2年前キンダーには通っていたものの、家庭の事情で実家の方の幼稚園に一年間通っておりましたが、無理を申し上げ年中から入園させて頂いた事を思い出します。「園には色々なカラーがあるので、他の園に通っていた場合は、慣れるまで難しい場合もあります。」というようなお話を園長先生からされ、なるほどと思いました。4月生まれで体も大きかったので、色々な事についていけるかという点ではあまり心配はしておりませんでしたが、音楽については別でした。歌は元気に歌うという感じでしたし、ピアニーには一年のハンディがあったからです。年中の1学期の参観日に頭声発音を聞き鳥肌が立ったことを覚えています。その中に息子の姿を見て、入園させてよかったなと思いました。本当にいずみ幼稚園の歌声は素晴らしく、いつも先生方の並々ならぬご指導に感謝しております。また、俳句や百人一首も大好きで、クラスでいつも1位2位を争うようになりました。時々行われるミニ大会も励みになっているようでした。マラソン大会は、昨年はクラスで一位でしたので「今年も頑張る!」「一位になりたい!」と言っていましたが、惜しくも2位だったようです。その時に、一位のお友達に”やっぱり○○君にはかなわなかったよ“と息子が言ったそうで一位のお友達は息子に”○○君もすごく頑張っていたよ”と声をかけてくれたそうです。それを嬉しそうに話す息子を見て成長しているんだなと嬉しくも頼もしく思い、またそのお友達に感謝をしました。色々な面でいずみ幼稚園は、子供たちを子供扱いせず、言葉は適切ではないかもしれませんが、一人一人を評価してくれる場も設けて下さり、それが子供達の競争心をかきたてているのではないかと思います。そんな中から素直にお友達をすごいなと褒めたりも出来るのだと思います。色々な面で盛りだくさんだった園生活とさよならするのは、子供は勿論親の私でさえも淋しく思います。小学校に入りましたら、ある種の物足りなさを感じるかもしれませんが、いずみ幼稚園で学んだ精神を土台とし、これからも日々過していけたらと思います。2年間本当にお世話になりまして、ありがとうございました。